感染経路をチェック!淋病の予防&治療について

medicine

病気の感染経路

drug

薬を飲むのが苦手なワンちゃんにはこちらのサイトでスポットオンタイプのレボリューションを通販で購入してください。

クラビットを購入する予定があるならコチラのサイトの情報をチェックしておきましょう。

淋病の感染経路はほとんどがセックスによるものです。基本的な感染経路は粘膜同士の接触なので、コンドームをつけることによって感染を防ぐことができます。しかし感染経路がごく稀に便座やお風呂の場合もあります。淋病は淋菌という細菌が原因です。女性は外陰部にかゆみを感じ、黄色の匂いがきつい膿のようなおりものが増えることが特徴です。重症になると下腹部の痛みや発熱を引き起こします。炎症が卵管や卵巣にまで広がると妊娠が難しくなります。男性の淋病の症状は排尿時に痛みがでます。また白色や黄色、緑色などの分泌液が見られ、睾丸も腫れて痛みが伴います。このような症状がでたら速やかに検査することが必要になってきます。淋病の検査費用は保険がきくので2,000円から4,000円です。

淋病の治療方法は抗菌薬で治療します。ペニシリン系の抗菌薬を服用または注射します。再発することも多いので、完治するまで数ヶ月かかる場合もあります。片方が感染したままでは、パートナー同士でピンポン感染する可能性もでてくるので、治療したことになりません。ですからパートナー同士で薬を処方してもらい一緒に治すことが重要になってきます。また妊娠している場合、出産するときに感染したままだと赤ちゃんが結膜炎を起こすことがあります。抗菌薬や点眼で治療することができますが、そうなる前に出産までに完治する必要があります。感染経路がセックスによるものが多いので、完治するまではセックスを控えます。淋病の治療費は保険が効くので3,000円ほどになります。

病気の症状

curative

淋病に感染してしまうと、さまざまな症状が現れます。特に性器への症状が重く、尿道炎が痛みを引き起こします。母子感染などもあるので、悲劇を避けるためにもきちんと治しましょう。

More

病気の感染率

medicine

淋病は聖書の時代から存在するとされる病気であり、感染率は非常に高く、日本では近年、感染者が増加傾向にあります。若い人の間で増えており、予防をしっかり行うことが大切です。

More

検査の方法

	 cure

淋病に感染しているか否かの検査は病院でできるほか、自分で購入して行える検査キットなども出ています。性器に症状が出ることで恥ずかしがる人もいますが、まずは検査からしっかり行いましょう。

More