感染経路をチェック!淋病の予防&治療について

病気の症状

curative

淋病は淋菌により起こる性病です。感染率は約30%と言われています。淋病の淋は淋しいと言う字ですが、この場合は、そう言った意味ではありません。雨の林の中でボタボタと雨が降っている様を表現しているのです。淋病は尿道炎を併発させやすく、強い炎症のために、尿道が狭くなり尿も少しずつしか出ないので淋病と名付けられたと思われます。感染経路は多くの性病と同じく性交です。近頃、オーラルセックスで感染したものも激増しています。さらに出産時に母親から子供へと感染する場合もあります。珍しいケースとしては、タオルからの感染も報告されています。しかし、淋菌自体の感染力は非常に強く、性交以外では感染しにくい病気でもあります。

感染後、発症は早く、男性の方が症状としてあらわれるのが早いと言われています。女性の場合は、自覚症状が出るのが遅く、気付いた時にはすでに患部が広範囲にわたることがあります。母子感染の場合は、子供の両目に症状があらわれ、失明のリスクが伴います。治療には三種類の抗生物質が用いられます。淋菌自体は弱いため完治は比較的早いと言われています。しかし数種類の抗生物質に耐性のある淋菌も発生しており、完全に治るまで油断は大敵です。この淋病の最大の予防は性交をしないことに尽きます。続いて特定のパートナー以外とは性交をしない、が上げられます。他の性病と同じくコンドームを使用することである程度は防げますが、完全ではありません。また、オーラルセックスについては予防の術すらありません。これらの点から健全な毎日を送ることが一番の予防になります。